オリゴ糖について

便秘解消に役立つとされるオリゴ糖ですが、これはそもそもどのようなものなのでしょうか。また、腸内環境にどのような働きかけをして、どのように便秘解消に役立つのでしょうか。オリゴ糖の力について知っていきましょう。

オリゴ糖まず、オリゴ糖とはギリシャ語で「少ない」という意味を持つ糖類です。単糖が複数繋がっている糖類の総称であり、約20種類くらいあると言われています。便秘対策に役に立つと言われているオリゴ糖は、胃や小腸で吸収がされにくい難消化性オリゴ糖です。これには腸内環境を整えて大便の量を増やす働きがあるとされています。

腸内環境を整えるためには腸内にいる細菌のバランスを正常にたもつことが重要です。善玉菌と悪玉菌、日和菌がそれぞれおり、日和見菌は優勢である方に味方をする習性があります。そのため、悪玉菌が多いと腸内環境が悪化してしまうのです。それを防ぐために必要なのがオリゴ糖。これは腸内で善玉菌のエサとなります。こうすることで善玉菌が増殖して腸内環境が整っていくのです。また、オリゴ糖は胃や小腸で吸収されないため、大便をかさ増しします。このことで、便意を起こして便秘を解消する働きも兼ね備えているのです。便秘に悩むのであればオリゴ糖の摂取が有効かもしれません。

乳酸菌を含む食品

善玉菌を含んでいる食物にはどのようなものがあるのでしょうか。腸内環境を正常に保つには、腸内にいる善玉菌が優勢である環境を整えることが大切になってきます。そのためには食事によって善玉菌を摂取する必要があるのです。どのような食品にどのような善玉菌が含まれているのか確認していきましょう。

飲むヨーグルト代表的なのは酸菌を含んだ飲料です。各種メーカーがそれぞれ特徴を持った飲料を販売しています。パッケージに「生きて腸に届く」などといったキャッチコピーが書いてあるものは、腸内環境に良い影響をもたらすとされています。また、腸に届く前に乳酸菌が死んでしまっても、ガンの抑制や感染症の防止などに役立つとされる研究データもあります。免疫力を高める効果があることも知っておきましょう。

さらに、漬物や味噌といった日本の伝統食品にも乳酸菌は含まれています。味噌は塩分の取りすぎがきになりますが、長野県の県民食であるすんき漬けなどは塩を使っていないので健康に対して有効だとされる意見もあるようです。

乳酸菌を摂取するには各メーカーが販売している乳酸菌飲料や、味噌や漬物といった発酵食品を食べるのが効果的です。乳酸菌を多く摂取して腸内環境を整えましょう。

便秘と腸内環境

悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌などの種類があります。腸内の働きを悪くする悪玉菌ですが、それを増やしてしまう原因とはどのようなものがあるのでしょうか。また、腸内の状態を綺麗にして、便秘の改善をもたらすと言われているのが善玉菌です。主に乳酸菌などが挙げられます。これらの善玉菌を増やす食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

腸内環境まず、悪玉菌を増やすのは過度な肉食です。肉の食べ過ぎによって悪玉菌は増加します。そのことにより、大便やおならの悪臭にもつながり、便秘の悪化にも影響するのです。また、大腸ガンのリスクをあげるとの報告もなされているため、注意が必要です。

逆に、善玉菌を多く増やすには野菜や海藻、豆などを多く摂取することを心がけて、肉食を控えることが重要です。また、善玉菌の一部である乳酸菌を増やすためにはこんにゃくや干しワラビなどの食物も非常に有効だとされています。健康な腸内環境は善玉菌の割合が2割、悪玉菌の割合が1割だと言われています。それ以外の菌は日和見菌と呼ばれていて、善玉菌が多ければそれに近い働きを、悪玉菌に近ければそれに近い働きをするので、常に善玉菌が優勢な腸内環境でいたいものです。食生活に気をつけて腸内環境を整えましょう。

善玉菌と悪玉菌

便秘がちになるとお腹が膨張したような感覚に陥り不快感が生まれるという人もいます。さらに、排出するべき大便が体内に蓄積されることによって毒素が溜まり、おならや大便の悪臭の元にもなります。このような事態を避けるためには一刻も早く便秘を改善するしかありません。そのためには腸内にいる悪玉菌と善玉菌が大きく関係していると言います。それは一体どうしてなのでしょうか。

野菜まず、悪玉菌は肉を食べ過ぎることによって増えると言われています。それとは対照的に善玉菌や野菜や海藻などを多く摂取することによって増えていくようです。さらに、善玉菌の一部である乳酸菌を含む食物を摂取することで、さらに腸内環境は改善するとも言われています。日本の伝統食である味噌や漬物などの発酵食品に多く含まれているようです。また、乳酸菌飲料には非常に多くの乳酸菌が含まれているので、効果的に飲んでいきたいとされています。また、便秘改善に役立つと言われているオリゴ糖ですが、これは腸内で善玉菌のエサとなります。オリゴ糖を食べた善玉菌は個体数を増やして腸内の環境で優勢となります。このことで日和見菌を味方に付け、さらに有利に腸内で働いていくのです。また、オリゴ糖には大便のカサ増し効果も期待出来ます。胃や小腸で吸収されにくいオリゴ糖。それが便意を誘発するのです。

善玉菌と悪玉菌が便秘にもたらす影響について纏めてみました。貴方のお腹に直撃する記事になっています。是非お読みください。