善玉菌と悪玉菌

便秘がちになるとお腹が膨張したような感覚に陥り不快感が生まれるという人もいます。さらに、排出するべき大便が体内に蓄積されることによって毒素が溜まり、おならや大便の悪臭の元にもなります。このような事態を避けるためには一刻も早く便秘を改善するしかありません。そのためには腸内にいる悪玉菌と善玉菌が大きく関係していると言います。それは一体どうしてなのでしょうか。

野菜まず、悪玉菌は肉を食べ過ぎることによって増えると言われています。それとは対照的に善玉菌や野菜や海藻などを多く摂取することによって増えていくようです。さらに、善玉菌の一部である乳酸菌を含む食物を摂取することで、さらに腸内環境は改善するとも言われています。日本の伝統食である味噌や漬物などの発酵食品に多く含まれているようです。また、乳酸菌飲料には非常に多くの乳酸菌が含まれているので、効果的に飲んでいきたいとされています。また、便秘改善に役立つと言われているオリゴ糖ですが、これは腸内で善玉菌のエサとなります。オリゴ糖を食べた善玉菌は個体数を増やして腸内の環境で優勢となります。このことで日和見菌を味方に付け、さらに有利に腸内で働いていくのです。また、オリゴ糖には大便のカサ増し効果も期待出来ます。胃や小腸で吸収されにくいオリゴ糖。それが便意を誘発するのです。

善玉菌と悪玉菌が便秘にもたらす影響について纏めてみました。貴方のお腹に直撃する記事になっています。是非お読みください。