便秘と腸内環境

悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌などの種類があります。腸内の働きを悪くする悪玉菌ですが、それを増やしてしまう原因とはどのようなものがあるのでしょうか。また、腸内の状態を綺麗にして、便秘の改善をもたらすと言われているのが善玉菌です。主に乳酸菌などが挙げられます。これらの善玉菌を増やす食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

腸内環境まず、悪玉菌を増やすのは過度な肉食です。肉の食べ過ぎによって悪玉菌は増加します。そのことにより、大便やおならの悪臭にもつながり、便秘の悪化にも影響するのです。また、大腸ガンのリスクをあげるとの報告もなされているため、注意が必要です。

逆に、善玉菌を多く増やすには野菜や海藻、豆などを多く摂取することを心がけて、肉食を控えることが重要です。また、善玉菌の一部である乳酸菌を増やすためにはこんにゃくや干しワラビなどの食物も非常に有効だとされています。健康な腸内環境は善玉菌の割合が2割、悪玉菌の割合が1割だと言われています。それ以外の菌は日和見菌と呼ばれていて、善玉菌が多ければそれに近い働きを、悪玉菌に近ければそれに近い働きをするので、常に善玉菌が優勢な腸内環境でいたいものです。食生活に気をつけて腸内環境を整えましょう。